絵馬・未 ―中川 清×下出 祐太郎―

作品紹介

下出祐太郎氏と京都恵比寿神社名誉宮司である中川清氏のコラボレーション作品です。
中川氏が毎年描かれる絵馬の平成27年度の絵馬のデザインとなります。
お色は画像左より、朱塗り・溜め塗り・木地塗りの3色ございます。

特徴

京都恵比寿神社名誉宮司である中川清氏が描いた絵馬の未の日本画を蒔絵で描きました。 白漆のほか、さまざまな色漆を使用し、絵馬の雰囲気をこわさないように心がけて制作しました。

中川 清

京都恵比寿神社名誉宮司
1928年京都府生まれ。
恵比寿神社社家。
恵比寿神社第36代宮司を務め、現在は同神社の名誉宮司。
幼少の頃より絵画に親しみ、1973年より同神社の干支絵馬を現在まで43年間にわたり描く。 上海芸術院の役員達と交流を行い、絵画部門で日中の架け橋となっている。