ちびたま ―伊東健一×下出祐太郎―

作品紹介

下出祐太郎氏と御所人形師の伊東建一氏のコラボレーション作品です。
お色は画像左より、朱塗り・溜め塗り・木地塗りの3色ございます。

特徴

伊東氏のシリーズ作品の愛らしい「ちびたま」から3体を選び、それぞれ鶉の卵の卵殻、金と銀の高蒔絵で表現しました。

卵殻

高蒔絵(金)

高蒔絵(銀)

伊東健一

御所人形師
有職御人形司伊藤家長男。
高校生の頃より制作の基本である「粗彫り」を始める。
大学卒業後、父である十二世久重のもと御所人形師の道に入る。
2005年の初作品発表後、数々の個展を開催。
同志社女子大学非常勤講師。